2012年06月21日

あなたに夢中


コロンビアは意外に交通事故が多いのです。
何で交通事故が多いのかというと……

美女(ボニータ)に見とれていて、それでガツンさ!」
こんな理由が1位なんですよ。

笑えるでしょ。


私もメデジンでハンドルを持ったらやばいかもしれません。
(小さな声で)メデジンって、美女が多いんですよ。

可愛い子を見つけたら、追いかけて直ぐに声をかけろ。
これがコロンビア男性のラテン気質のようです。

連れが居ても、声をかけるのはいかがかと思いますがね。



今回の曲はクンビアで「Loquito Por Ti(あなたに夢中)」です。
私はダンサーに夢中になってしまいそうですよ。
クンビアとはここで調べられます。



Loquito Por Ti
  - Armando Hernandez



ちなみに、コロンビアで美女が多いのはメデジンカリです。
首都ボゴタより多いと皆言います。

私はどちらだとも言えませんね。


posted by 船橋のドラえもん at 19:30| Comment(0) | アルマンド ヘルナンデス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

クンビアと言えば


今回はクンビアです。
それはコロンビアカルタヘナ発祥のラテン音楽の1つです。

パーカッション主体の4分の2拍子が最大の特徴。
その中にドス・トレストレス・ドスが入り込んでいるのです。

コロンビアでは演歌では無いけど、昔の流行歌に多いです。
現在ではラテンアメリカ諸国(スペイン語圏)で広く聞かれる。


コロンビアの長距離バスの中では、よくこれが掛かっています。
とりわけ、アコーディオンの使われた曲が流されています。


分け隔(へだ)て無く、広く聞かれるサルサに対し、
クンビアは上・中流階級から好まれないものの、
庶民からは根強い人気を誇る音楽です。


Loquito Por Ti
- Armando Hernandez




ピアノが4分の2拍子を刻んでいますね。


posted by 船橋のドラえもん at 19:33| Comment(0) | アルマンド ヘルナンデス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

どこの世界でも甘い物はほめ言葉に


昔から中々手に入らない物は、ほめ言葉に使われたました。
アスカル(砂糖)もその1つです。


セ、パレセ、アスカル。
(se parese azucal)

直訳すると、あなたは砂糖のように美しい。
古いけど、これが立派なほめ言葉なんですよ。


今回は、「ボキータ、デ、カラメーロ」というクンビアの曲です。

スペイン語で口のことをボカ(boca)と言います。
これを可愛らしく聞こえるように言う(我々には分かりません)と
イータ(ita)」が付くんです。


良いを示す「ブエノ(bueno)」にイータが付くと形も一寸変化して
ボニータ(可愛子ちゃん)」になるぐあいです。

「ボキータ」は(彼女の)お口ちゃんというところでしょう。


「カラメーロ」はキャラメルですよ。
キャラメルは砂糖から作られる。
だから、立派なほめ言葉なんですよ。


美味しそうな口を英語でキャンディーリップと言いますよね。
まさしく、キャンディーリップなんですよ。



Boquita de caramelo
  - Armando Hernandez





可愛い唇(?)。
画質が悪くて、よく見えませんね^^


posted by 船橋のドラえもん at 00:00| Comment(0) | アルマンド ヘルナンデス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。