2012年06月01日

クンビアと言えば


今回はクンビアです。
それはコロンビアカルタヘナ発祥のラテン音楽の1つです。

パーカッション主体の4分の2拍子が最大の特徴。
その中にドス・トレストレス・ドスが入り込んでいるのです。

コロンビアでは演歌では無いけど、昔の流行歌に多いです。
現在ではラテンアメリカ諸国(スペイン語圏)で広く聞かれる。


コロンビアの長距離バスの中では、よくこれが掛かっています。
とりわけ、アコーディオンの使われた曲が流されています。


分け隔(へだ)て無く、広く聞かれるサルサに対し、
クンビアは上・中流階級から好まれないものの、
庶民からは根強い人気を誇る音楽です。


Loquito Por Ti
- Armando Hernandez




ピアノが4分の2拍子を刻んでいますね。


posted by 船橋のドラえもん at 19:33| Comment(0) | アルマンド ヘルナンデス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。