2009年10月18日

グルーポニーチェ・涙の雨


コロンビア
サルサを代表するサルサバンド:グルーポニーチェの続きです。


この曲もラテンリズムの2・3(クラベ=ドストレス)拍子です。
このリズム軽快なものが多いです。
なんか体が勝手に動いてリズムを取ってしまいませんか?
足も動いてしまいます。
踊り出しそうですね。

さあ
一緒にラテン音楽を経験しましょう。


今回の音楽も情熱的です。

前回と違ってちょっと甘酸っぱい感じがしますね。


今回もコロンビアを代表するサルサバンド、グルーポニーチェです。
このバンドは歴史が長いのです。
リーダーは変わらないのですがボーカルはどんどん変わりました。
バンドメンバーもどんどん変わりました。

Grupo NicheGotas De Lluvia

映像からも分かるように甘酸っぱいでしょ。
リズムも軽い。
リズムを聴いたとき、コロンビアでは赤ちゃんも踊り始めますよ。

前回とボーカルが違うんですよ。
一流のサルサであることには違い有りません。


ラテンの世界の人々は情熱踊りで生きているのです。

皆さんもサルサに乗って、ダンスで愛を語りませんか?
踊りはコミュニケーションです。
愛を語るものなのです。

ラテンディスコに出かけませんか?


さあ
一緒にラテン音楽の世界を旅しましょう。
posted by 船橋のドラえもん at 23:55| Comment(0) | フルコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。